よくあるご質問

ID登録について

IDを登録しないと、申込はできないのでしょうか。

RPCIを申し込む際にはIDが必要となります。RPCIホームページトップ画面にある「お申込みはこちら」から予約サイトへ進んでいただき、画面右上にある「受講者登録」からID登録をお願い致します。
受講日カレンダーから希望される受講日を選択し、申し込みの途中でID登録することもできます。

誤ったメールアドレスで登録してしまい、ID登録通知が届きません。どうしたらよいでしょうか。

RPCIホームページトップ画面にある「お申込みはこちら」から予約サイトへ進んでいただき、画面右上にある「ログイン」からログイン後、マイページから登録情報の変更が可能です。

所属部署の代表のアドレスでID登録をすることは可能ですか。また、同じアドレスで複数名ID登録することは可能ですか。

同じアドレスで複数名ID登録することはできません。メールアドレスとIDが紐づいておりますので、個人で使用されるメールアドレスで登録していただくようお願いいたします。

申込について

申し込みの流れを教えてください。
  • お申込み
    予約サイトからお申し込みください。
  • 請求書のお届け
    ご登録いただいたメールアドレスにお支払いのご案内が届きます。支払期日までにお振込みください。
  • 受講票のお届け
    入金確認後、ご登録いただいたメールアドレスに受講票が届きます。当日はこの受講票を印刷してご持参ください。
  • 事前オンライン学習の受講
    受講票に事前オンライン学習についてのご案内がございます。演習日までにご受講ください。
申込期限はありますか。

申込期限は開催日の1週間前までです。だたし満席になり次第、申込は終了となります。

1回の開催の受付人数は何人ですか。

定員は48名ですが、新型コロナウイルス感染症対策等により、1回あたりの定員を低く設定する可能性があります。

会場の詳細を教えてください。

RPCI Webサイト アクセスページ からご確認いただけます。

個別に申込をした関係者と同じグループで受講したいのですが、どのようにしたらよいですか。

予約サイトからお申込みいただく際、「最終内容確認」ページの最下部にあるご要望欄に、同一グループを希望する方の<ID、氏名、情報処理安全確保支援士登録番号>を記入してください。グルーピングの際に配慮いたします。

受講料の振り込みが支払期限に間に合いません。

期限内にお振込みいただけない場合はキャンセルとなります。

受講料を複数名分まとめて振り込むことは可能ですか。

可能です。RPCI事務局にメールで以下の点をご連絡ください。

  • 人数
  • まとめて振り込む方の予約番号、氏名
  • 振り込み予定日

連絡先: E-mail: rpci@ml.nict.go.jp

振り込みの際、予約番号を入力できません。

RPCI事務局にメールで以下の点をご連絡ください。①予約番号 ②氏名 ③振り込み予定日 ④振込名義

連絡先: E-mail: rpci@ml.nict.go.jp

*振り込みの特定が難しい場合は、事務局から確認のご連絡を差し上げます。

演習内容について

事前オンライン学習とは何ですか?

演習で利用するツール(Wireshark, Nmap, Hydra等)の操作方法や、受講する際に必要となる知識を学ぶことが出来ます。

事前学習はいつから受講できますか。

事務局側で受講料のお振込みを確認後、事前オンライン学習のお知らせを発行します。メールの記載に従ってご受講ください。

事前オンライン学習の対応ブラウザを教えてください。

事前オンライン学習の動作対象ブラウザはInternet Explorer 11、Google Chrome です。

事前オンライン学習を受講したいのですが、ログインできません。どうしたらいいですか。

ご使用の環境によって、アクセスできない場合があるようです。まずは、キャッシュクリア、クッキー削除、ブラウザ再起動をお試しください。解消しない場合は、別ブラウザにてご確認ください。
また、LGWANなど組織のセキュリティポリシーにより、アクセスできない場合もあるようですので、システム管理者の方へご確認ください。ご対応が難しい場合は、ご自宅等、別環境でお試しください。
これらの対応をしてもログインできない場合は、RPCI事務局までご連絡ください。

連絡先: E-mail: rpci@ml.nict.go.jp  Tel 03-6368-6615(受付時間:平日9時-12時・13時-17時)

集合演習ではどんなことをしますか?

仮想組織のネットワークをシミュレートした演習環境を舞台に、最大4名のチームで攻撃者からの攻撃に対処し、インシデントハンドリングのプロシージャーを「ひとつひとつのステップ」を踏みながら1から10まで学びます。また、平時にどのようなセキュリティ対策や備えを実施しておく必要があるのかを学べます。

演習シナリオを教えてください。

演習シナリオは秘密です。ぜひ演習会場で体験してください!

CYDERとの違い

CYDERのどのコースになりますか。CYDERのように自治体職員は無料になりますか。

RPCIは情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の資格をお持ちの方を対象にした講習で、CYDERとは別のものになり、全員有料となります。無料対象枠はありません。

CYDERとの違いは何ですか

RPCIは情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)を対象にしていることから、CYDERよりも幅広い知識が求められます。具体的には、暗号化技術やサイバー攻撃対策といった情報セキュリティの一般知識に加えて、セキュアプログラミング、ネットワークといった要素技術も求められます。RPCIはこれらの知識を活用して行う演習となっています。

受講対象者像を教えてください。

講習の理解・習得のために推奨される実務経験は以下の通りです。

  • CISO、CSIRT管理者、CSIRTメンバー、インシデントが発生した際の対応に携わる方
  • 情報システム管理、運用に携わる方
  • 情報システムの調達・企画・開発に携わる方
CYDERのAコースは初級、Bコースは中級と位置づけられていますが、RPCIのレベル感を教えてください。

CYDERではBコース相当、ITSSレベルは4相当です。

CYDERのAコースとBコースを受けたことがあります。RPCIで新たに得られる知識を教えてください。

CRIPで習得できるスキルは以下です。

  • Wiresharkを利用した特定のプロトコルのパケット解析
  • Nmapを利用したネットワークアクセスコントロールの適正動作確認
  • Hydraを利用した自らが管理するネットワーク機器への侵入試験
  • ネットワーク機器への侵入軽減に対する対策説明能力
  • CISO(最高情報セキュリティ責任者)に対する優先度をつけた再発防止策の提案
CYDERを受けたことがあります。事前オンライン演習は同じ内容ですか。

異なります。
RPCIは情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)特定講習向けのカリキュラムとシナリオを構築したもので、内容はCYDERの事前オンライン学習とは異なっています。

CYDERと課題数や課題構成は同じですか。

異なります。
RPCIは情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)特定講習向けのカリキュラムとシナリオを構築したもので、内容はCYDERの課題数と課題構成とは異なっています。

CYDERは演習前にアイスブレイクでグループの人と名刺交換をしますが、RPCIでも名刺は必要ですか。

オリエンテーション時にグループ内で自己紹介タイムを設けます。その際にグループの方と名刺交換していただくことも可能です。名刺交換は必須ではありません。

CYDERではチューターのサポートがありましたが、RPCIでもチューターのサポートを受けることはできますか。

集合演習当日は、講師以外に複数名のチューターが操作方法等のサポートを実施します。

キャンセル・受講日変更について

受講のキャンセルは可能ですか。

キャンセルは受講日の12日前まで可能です。この期限を過ぎますとキャンセルは出来なくなります。また、受講をキャンセルされたとしても、いったん振り込まれた受講料は、返金いたしません。(別の開催日程での受講をご検討ください)

キャンセルの方法を教えてください。

予約サイトへログインし、マイページから「予約の確認」へ進んでください。キャンセルされる回に表示されている「キャンセル手続き」からキャンセルすることが出来ます。

都合が悪くなった場合、受講日の変更は可能ですか。

変更は受講日の12日前まで可能です。この期限を過ぎますと変更は出来なくなります。

RPCI事務局に以下の点をご連絡ください。①予約番号 ②氏名 ③変更希望日

連絡先: E-mail: rpci@ml.nict.go.jp  Tel 03-6368-6615(受付時間:平日9時-12時・13時-17時)

キャンセルして別の回に変更したいのですが、回数制限がありますか。

回数制限はありません。別の回への変更は、空席がある限り何度でも可能です。

当日、遅刻しそうな場合や、急に行けなくなった場合はどこに連絡したらいいですか。

受講当日の連絡先:070-4507-2137

受講当日以外の連絡は、ページ下部にある「お問合せ」にご連絡ください。

空席情報について

空席情報を教えてください。

RPCIホームページトップ画面にある「お申込みはこちら」から予約サイトへ進んでいただき、受講日カレンダーをご確認ください。
開催回ごとに「○…受付中(空席あり)、△…残りわずか、×…定員になりました」で 表示されています。

受講希望回が満席となっています。空席が発生した場合に連絡をもらうことは可能ですか。

ご希望の開催日が満席の場合、キャンセル待ち機能はございません。
開催日より11日前の時点で空席があった場合、希望される方に事務局から空席のお知らせを発信します。空席通知設定を希望される方は、予約サイトTOPページよりお申込みください。

空席通知を設定しています。解除方法を教えてください。

RPCI事務局にメールでご連絡ください。

連絡先: E-mail: rpci@ml.nict.go.jp

その他

パスワードを忘れてしまいました。

予約サイトの「ログイン」画面にある「※パスワードの再設定はこちら」から再設定を行ってください。

業務都合で遅刻(早退)をする予定です。事前連絡は必要ですか。

事前に分かっている場合は、事務局までご連絡をお願いいたします。

連絡先: E-mail: rpci@ml.nict.go.jp  Tel 03-6368-6615(受付時間:平日9時-12時・13時-17時)

当日の持ち物を教えてください。

情報処理安全確保支援士登録証(お持ちでない方は、免許証等の身分証明書)、受講票、筆記用具、マスク(感染予防のためご協力をお願いいたします)、イヤホン(会場でも準備しておりますが、使い慣れたものがあればお持ちください)をご持参ください。情報処理安全確保支援士登録証(身分証明書)は、本人確認のため受付で提示してください。演習用のPCは事務局にて1人1台用意しておりますので、ご持参いただく必要はありません。

受講者情報の変更は可能ですか。

ログインID以外は変更可能です。予約サイトへログインし、マイページから「登録情報の変更」へ進み、変更を行ってください。

駐車場代の請求は可能ですか。

受講に伴う交通費、駐車場代、宿泊費および食費等は、受講者の自己負担となります。

見学は可能ですか。

申し訳ございませんが、見学はご遠慮ください。

受講証明書・評価書は、発行されますか。

集合演習を受講した方には、約2週間後に発行します。 なお、集合演習を欠席、または遅刻・早退された場合は、受講証明書および評価書を発行できません。あらかじめご了承ください。

CISSP資格を持っています。CPEクレジットを取得したいのですが、どのようにすればよいでしょうか。

演習当日に、認定番号をスタッフへお申し出ください。お手続きをいたします。

サイバーセキュリティに興味があります。専業主婦や学生でも受講はできますか。

情報処理安全確保支援士の方であればどなたでもお申込みいただけます。
情報処理安全確保支援士ではない方もお申込みいただけますが、当講習は情報処理安全確保支援士の資格をお持ちの方を対象にした講習となっていること、求められるレベルについてご了承いただける方のみお申込みください。
なお、情報処理安全確保支援士の方を優先して受け付けます。資格をお持ちでない方は、開催日より2週間前の時点で空席があった場合、事務局からお知らせを発信します。予約サイトTOPページよりお申込みください。